築46年の木造住宅のリノベーション

Y邸

リノベーション

独立した6畳のキッチンと8畳のリビングを壁を外して一続きのLDKにしました。

築46年の木造住宅のリノベーション

Y邸

リノベーション

独立した6畳のキッチンと8畳のリビングを壁を外して一続きのLDKにしました。

■柱を利用した造作テーブル

キッチンとリビングの間の壁の中にあったのは2階の梁まで支える大事な大黒柱。これは取り除けないので、この柱を利用して造り付けのダイニングテーブルを設置しました。

■こだわりの壁材

壁や天井や建具にはモノトーンの仕上げ材を選定しました。壁は調湿作用もあり健康にも配慮した漆喰、また、アクセントとしてリサイクル内装ボード(KMEWソリド)を採用しました。ソリドは一つとして同じ色がなく、自然の風合いがそのまま出ている材料で、一部に取り入れるだけで無機質な存在感がありお勧めの材料です。